友人代表のスピーチ原稿作成専門 友人代表の森

友人代表スピーチ時間について

time 2016/06/06

a1380_000232

友人代表スピーチの発表の時間に「何分でなければいけない」という規定はありません。

一般的には3分~5分半の間に収めていただくのが、「いい塩梅」です。発表者であるあなたにとっても、スピーチをお聞きになるご臨席の皆様にとってもちょうどいい長さでございます。

 

とはいえ、友人代表のスピーチの本質は「大切なご友人をお祝いすること」です。

 

ですから、「こんなふうに祝ってあげたい」「この気持ちも、あの話もしてあげたい」とお感じになって、結果として5分半を過ぎてしまっても問題はありません。

気持ちさえこもっていれば、「10分」という司会者がやきもきするような時間でもかまいませんし、逆に「1分未満」というご臨席の皆様があっけに取られるような時間でもかまいません。

要は、「何分でなければならないか?」という考え方ではなくて、「こんなふうにお祝いしたいと思って、その結果発表時間がこうなった」という、結果としての時間とお思いいただくとよいです。

 

ご友人の生涯一度の晴れ舞台です。(二度目かもしれませんが)

体裁ではなく、中身重視でいってください。

 

友人代表のスピーチの例文を多数ご準備しています↓

例文一覧ページ

 

メールフォームでの無料見積もり

 

代表の西山です。

「友人代表の森」のウェブサイトにご訪問いただき、ありがとうございます。結婚披露宴での友人代表のスピーチで、原稿作成似ご不便をお感じでしたら、いつでもご連絡ください。

私たちがしっかりと作成させていただきます。

運営責任者 西山


例文の一覧

新郎の大学時代の友人の立場

新婦の中学校の同級生。丁寧な手紙形式

新婦の同僚。同期入社の立場

新郎の高校の同級生。サッカー部

新婦と小中高バレー部で一緒

新婦側 できちゃった婚。誕生後

新婦の幼なじみ。手紙形式

新郎の高校の同級生。友情

   

社長さんや上司のスピーチの例文は結婚式スピーチ作成センターの例文ページに掲載しています。

 

また、PTA会長さんの祝辞やその他式典の祝辞の例文は、お祝いサポートセンターの例文ページにに掲載しています。

 

いずれも弊社運営のサイトです。