友人代表のスピーチ原稿作成専門 友人代表の森

【例文】結婚式 友人代表スピーチ(新郎の高校時代の同級生、野球部で一緒に過ごした立場)

time 2016/06/13

皆様、始めまして。吉岡と申します。僕は新郎、信吾くんの高校からの友人です。今日は僕が、皆様の知らない信吾くんをご紹介しようと思います。

信吾くんと出会ったのは、高校一年生のときです。同じ野球部だったことがきっかけで仲良くなりました。信吾くんはご覧の通り、少しばかり厳つい顔立ちをしているので、出会った当初は、信吾くんを見ると怯えて内心ビクビクしていたのを覚えています。

ですが、外見とは裏腹に、内面は本当に心優しい好青年です。僕が弁当を忘れたときは自分の弁当の半分をくれたり、朝が苦手な僕を大事な試合の日には家に来て起こしてくれたりと、僕の高校生活では信吾くんという存在はなくてはならないもので、当時は当たり前のように感じていたのですが、今になって本当に信吾くんにお世話になったなと感じています。

僕らの代では信吾くんはキャプテンになりました。曲がったことが大嫌いで、大声を出し30人ぐらいいる部員全員を引っ張っていく彼をいつも横で見ていて、「男だなあ」と男の僕が認めるぐらい、男の中の男だと感じています。しかし、実は中身は乙女な部分もありまして、自動販売機のジュースの中で一番いちごオ・レが好きらしいです。そして、加奈子ちゃんのことになると本当に恋する乙女みたいになってしまうことを僕は知っています。

しかし、やはり男の中の男です。
しっかり決めるときは決めて、今日という日を迎えることが出来たのですから。

今日、僕が信吾に一番言いたかったこと。それは「結婚おめでとう!」

今まで、「よかったな。」とかは言っていたけれど、この言葉は初めて言います。今まで信吾が結婚するなんて夢のように感じていましたが、今日、こうして二人の晴れ姿と、祝っている僕たちを見ると「結婚するんだな」とやっと実感することが出来ました。

信吾は旦那になってもしっかりやっていくと思うので、加奈子ちゃんは安心してついていってください。信吾はいい旦那になって未婚の僕のお手本になってください。そして、僕たちは今までみたいに変らずの関係でいきましょう。二人で、楽しい家庭を築いていってください。

信吾、加奈子ちゃん、ご結婚おめでとうございます。

 


高校時代同じ野球部だった新郎のことを来賓の皆様に紹介する内容です。友人しか知らない新郎を温かく紹介し、祝福の気持ちを述べています。

 

 

↓友人代表としてしっかりと気持ちを伝えるのはこちら
click1

トップページに戻る

 

メールフォームでの無料見積もり

 

代表の西山です。

「友人代表の森」のウェブサイトにご訪問いただき、ありがとうございます。結婚披露宴での友人代表のスピーチで、原稿作成似ご不便をお感じでしたら、いつでもご連絡ください。

私たちがしっかりと作成させていただきます。

運営責任者 西山


例文の一覧

新郎の大学時代の友人の立場

新婦の中学校の同級生。丁寧な手紙形式

新婦の同僚。同期入社の立場

新郎の高校の同級生。サッカー部

新婦と小中高バレー部で一緒

新婦側 できちゃった婚。誕生後

新婦の幼なじみ。手紙形式

新郎の高校の同級生。友情

   

社長さんや上司のスピーチの例文は結婚式スピーチ作成センターの例文ページに掲載しています。

 

また、PTA会長さんの祝辞やその他式典の祝辞の例文は、お祝いサポートセンターの例文ページにに掲載しています。

 

いずれも弊社運営のサイトです。