友人代表のスピーチ原稿作成専門 友人代表の森

【例文】結婚式 友人代表スピーチ(昔はやんちゃに、今は真面目に一緒に過ごしている新郎へ贈る立場)

time 2016/06/13

【はじめの挨拶】

当時、やんちゃだったイチロウは、僕と一緒に外を走り回っていたかと思えば、ほかの友達が喧嘩しているところに割って入るような正義感の強いところもあり、とにかく明るく元気だったので、いつも一緒に遊んでいました。

小学生のころを振り返っても、やっぱり一番に思い出すのは、走り回って遊んだことです。その勢いのまま廊下を走って先生に怒られたこともよくあったように思います。

でもまだそのころは、今思えばかわいらしいほうで、中学生になった僕たちの興味は学校の外に広がっていきました。イチロウを含めた五、六人の仲間でやんちゃな中学生がやるようなことはほとんどしたと思います。

そんな僕たちは、それぞれ高校は違っても、休みの日にはよく連絡を取り合っていました。中学のころと少しずつ変わってきたことと言えば、何となく将来を考えるようになったことです。そして口には出さなくても、お互い何となく迷いを感じていたように思います。

先に社会に出た僕は、イチロウを誘って一時期、同じ職場で働いていたこともありました。
イチロウがすぐ近くにいてくれてすごく心強かった。でも、やっぱり仕事や恋愛で悩むこともあって、イチロウにはそのたびにたくさん話を聞いてもらいました。

だから、逆にイチロウの話を聞きながら少しでも力になりたいな、と思うんだけど、いつのまにか僕たちの話題はやんちゃしてたころの笑い話に変わっています。
でも友達って不思議なもので、これといった結論は出なくても、ただ近くにいてくれるだけで、またがんばろうという気持ちになったように思います。

だから、イチロウの結婚を心から応援したいと思いました。
この日を迎えることができて本当に良かったと思っています。

これから、いつまでも夫婦仲良く、お互い助け合いながら、明るく温かな家庭を築いていってください。
今は、それぞれの場所でそれぞれの思いで生活している僕たちだけど、また時間を作って、いろんな話がしたいと思っています。

【締めの言葉】

 


小さいころから一緒の明るく頼れる新郎をお祝いするスピーチです。幼馴染と言えば聞こえはいいけど、その実、あちこちを駆け回り遊び回る悪友。でも決してそれだけの関係にとどまらず、笑い、悩み、喜びを分かち合う、お互いに大切な存在の発表者と新郎です。

 

 

↓友人代表としてしっかりと気持ちを伝えるのはこちら
click1

トップページに戻る

 

メールフォームでの無料見積もり

 

代表の西山です。

「友人代表の森」のウェブサイトにご訪問いただき、ありがとうございます。結婚披露宴での友人代表のスピーチで、原稿作成似ご不便をお感じでしたら、いつでもご連絡ください。

私たちがしっかりと作成させていただきます。

運営責任者 西山


例文の一覧

新郎の大学時代の友人の立場

新婦の中学校の同級生。丁寧な手紙形式

新婦の同僚。同期入社の立場

新郎の高校の同級生。サッカー部

新婦と小中高バレー部で一緒

新婦側 できちゃった婚。誕生後

新婦の幼なじみ。手紙形式

新郎の高校の同級生。友情

   

社長さんや上司のスピーチの例文は結婚式スピーチ作成センターの例文ページに掲載しています。

 

また、PTA会長さんの祝辞やその他式典の祝辞の例文は、お祝いサポートセンターの例文ページにに掲載しています。

 

いずれも弊社運営のサイトです。