友人代表のスピーチ原稿作成専門 友人代表の森

【例文】結婚式 友人代表スピーチ(共に卒業課題に取り組んだ、ゼミの同期である新郎に贈る立場)

time 2016/06/13

【はじめの挨拶】

入学当初、初めて僕に声をかけてくれたのがユタカなのですが、そのときの印象は「なんだか軽そうなやつだなあ」というものでした。
しかし、実際のユタカは何事にもすごく真面目で、やるときはやる熱血漢だということが判明しました。第一印象とは真逆の内面に少し驚きましたが、ユタカとの大学生活は、豊かなものとなっていきました。

課題に追われながらもママチャリで熱海まで行ったり、計画もなく車で日本一周を試みたり。学内だけでなく、学外でも僕らは共に行動し、笑い合い、毎日を謳歌し、ユタカと一緒ならなんでも楽しく思えました。

卒業課題のため学校に泊り込むという極限状態の中でも、友人として、ライバルとして、互いに励まし合いながら、課題に取り組みました。けれど、過酷な状況下にあると精神的に追い詰められていくのも事実で、時には反発し合うこともありました。

後から聞いた話だと、行き詰っていた僕が腐っているのが、ユタカは気に食わなかったようで。でも、ユタカが怒っていると思っていた僕は、どうにも話しかけづらくて。微妙にすれ違っていましたが、ユタカのその気心に押し上げられたのは確かです。

ユタカ、あのときは本当にありがとう。

ユタカとマリちゃんの付き合いも長いため、いつか結婚するだろうとは思っていましたが、SE業界の中では僕らはまだまだ下積みの段階です。「思い切ったな」と目を剥(む)かずにはいられませんでした。いっぽうで、感無量。この一言に尽きます。まるで父親のような気分になっています。

二人は普段からとても仲が良いし、一定の落ち着きも持っています。きっと、やさしい家庭を築いていってくれるはずです。

同じ職につく仲間としてユタカに伝えたいことは、いい物を作ろうという気持ちを忘れずに、切磋琢磨していこう、ということです。

確立されているようで、まだまだ不完全な、僕らがいるこの業界。いいシステムを作って、それが世の中のためになる、難しいかもしれないけれど、この仕事に誇りを持って進んでいこう。僕らの気持ちは、いつも一緒です。

でも、そう言うとユタカは、それにばかり集中力を注いでバランスを崩してしまいがちだから、そのときはマリちゃん、よろしくお願いします。一生懸命で真面目だけど、どこかバランスの悪いユタカを、マリちゃんのやさしい手で支えてやってください。

友人としては、これからも変わることなく、励まし合い、適度にぶつかり合いながら、これまでのようにバカなこともしよう。もし僕も結婚して、お互いに子どもができたら、家族ぐるみの付き合いもしていきたい。そう思っています。

【締めの言葉】

 


卒業課題が二人を仲良くさせたのではないでしょうか。今も同じ目標に向かって走っている2人の友達関係。いいですね。

 

 

↓友人代表としてしっかりと気持ちを伝えるのはこちら
click1

トップページに戻る

 

メールフォームでの無料見積もり

 

代表の西山です。

「友人代表の森」のウェブサイトにご訪問いただき、ありがとうございます。結婚披露宴での友人代表のスピーチで、原稿作成似ご不便をお感じでしたら、いつでもご連絡ください。

私たちがしっかりと作成させていただきます。

運営責任者 西山


例文の一覧

新郎の大学時代の友人の立場

新婦の中学校の同級生。丁寧な手紙形式

新婦の同僚。同期入社の立場

新郎の高校の同級生。サッカー部

新婦と小中高バレー部で一緒

新婦側 できちゃった婚。誕生後

新婦の幼なじみ。手紙形式

新郎の高校の同級生。友情

   

社長さんや上司のスピーチの例文は結婚式スピーチ作成センターの例文ページに掲載しています。

 

また、PTA会長さんの祝辞やその他式典の祝辞の例文は、お祝いサポートセンターの例文ページにに掲載しています。

 

いずれも弊社運営のサイトです。