友人代表のスピーチ原稿作成専門 友人代表の森

【例文】結婚式 友人代表スピーチ(”成長”に気づく、新郎の小学校からの友人の立場)

time 2016/06/13

ただいまご紹介に預かりました山田です。今日はいつもとは違う啓祐の晴れ姿を見て、少し緊張しているのですが、お祝いの気持ちを持ってこの場に立たせてもらっています。

啓祐、えりさん、ご結婚おめでとうございます。ご両家、ご親族の皆様におかれましても、この度のご良縁誠におめでとうございます。

僕と啓祐は小学生の頃からの大親友です。初めて啓祐に会ったとき、小学1年生にしてがっしりとした大きな体格だった彼に、少しびびってしまったことを今でもよく覚えています。でもその怖い印象とは反対に、彼はすごく優しく、何をするにも器用で、とにかく思いやりのある良い奴だということにはすぐに気付きました。
小学三年生からは少年野球団、中学の3年間は野球部に所属し、一緒に汗を流しながらお互いを高め合ってきた僕たちの友情は、僕が啓祐と顔を合わせた瞬間から、作り始められていたのだと思います。

高校時代には啓祐と僕、そこに太田が加わって、オールで遊んだり、ゲーセンに行ったり、何をするでもなく一緒にいたり。しょうもない毎日でしたが、今思うとあれが僕たちの青春だったような気がします。あの頃、見た目に似合わずユーフォーキャッチャーが得意だった啓祐は、よく、上手に掴み取った景品をその場で友達にプレゼントしていました。僕も何度かもらったことがあり、毎回とても嬉しかったのですが、さすがに景品が可愛らしい人形だった時にはその行き場所に少し困ったものです。

そんな啓祐から結婚の報告を聞いた時には、「ついに結婚するんだ」という驚いた気持ちだとか「やっとか」という安心した気持ちだとか、色々な幸せな感情が混ざりあって、心からの祝福の気持ちでいっぱいになりました。

そして今日改めて、優しく、それでいてどこか逞しい顔付きでえりさんの隣に座っている啓祐を見ていると「僕たちも大人になったんだなぁ」と感慨深く思います。

ついでに言うと、ユーフォーキャッチャーが特技になったのは人を喜ばせることが大好きだからだ、ということを僕は知っていますので、そんな彼の人を思う気持ちは、えりさんを幸せにする為に、これからもっともっと役に立っていくんじゃないかな、と内心わくわくもしています。

今日を機に、お二人は夫婦としての新しいスタートをしたわけですが、啓祐とえりさんなら、今まで大切に温めてきた絆をこれからもずっと大切に温め続け、幸せな家庭を築いていかれることだろうと確信しております。

また太田と僕とが2人でお家にお邪魔することもあると思いますが、その時には啓祐自慢の、えりさんが作る美味しい料理を振る舞っていただけたら嬉しい限りです。よろしくお願いします。

最後になりましたが、啓祐、えりさん、本日は本当におめでとうございます。二人のこれからの人生が、優しさと温かさと、そして笑顔に満ちたものになるよう願って、僕のお祝いのメッセージにさせていただきます。
末永くお幸せに。

 


小学生の頃から仲良しだった友人の結婚式で、懐かしい思い出を振り返る依頼者様。改めてお互いの成長を感じつつも、これからも続く変わらない友人関係を思う、そんなスピーチです。

 

 

↓友人代表としてしっかりと気持ちを伝えるのはこちら
click1

トップページに戻る

 

メールフォームでの無料見積もり

 

代表の西山です。

「友人代表の森」のウェブサイトにご訪問いただき、ありがとうございます。結婚披露宴での友人代表のスピーチで、原稿作成似ご不便をお感じでしたら、いつでもご連絡ください。

私たちがしっかりと作成させていただきます。

運営責任者 西山


例文の一覧

新郎の大学時代の友人の立場

新婦の中学校の同級生。丁寧な手紙形式

新婦の同僚。同期入社の立場

新郎の高校の同級生。サッカー部

新婦と小中高バレー部で一緒

新婦側 できちゃった婚。誕生後

新婦の幼なじみ。手紙形式

新郎の高校の同級生。友情

   

社長さんや上司のスピーチの例文は結婚式スピーチ作成センターの例文ページに掲載しています。

 

また、PTA会長さんの祝辞やその他式典の祝辞の例文は、お祝いサポートセンターの例文ページにに掲載しています。

 

いずれも弊社運営のサイトです。