友人代表のスピーチ原稿作成専門 友人代表の森

a0960_007501(1)

 

友人代表のスピーチを述べる際、
よくご質問いただく内容にこんなのがあります。

 

「新郎(新婦)のこと、普段は○○って読んでるんですけど、

当日も同じ呼び方だと失礼でしょうか?」

 

答えとしましては、まったく問題ありません(^^)

 

ニックネームといえば、仲良しの象徴。
お互いに心を許しているからこそ呼び合える名前ですので、
ぜひ、当日もいつもどおりの呼び方でお呼びしましょう。

 

ただ、やはりマナーには気を配りたいところです!

 

もし、新郎新婦のニックネームが一般的な
「名前+くん(ちゃん)」や、呼び捨てにする形ではなく、
お名前をもじって作った珍しい呼び方だった場合、
ご臨席の皆様も「ん?」となってしまう可能性がありますし、
呼ばれる側の新郎新婦もハラハラしてしまうかもしれません。

 

ではどうするのかと言うと、簡単です。
最初のご挨拶のところで、お断りの一言を申し上げましょう。

 

例)
新婦のことはいつも親しみを込めて、「ジュリー」と呼んでいます。
本日はこういった改まった席ではありますが、友情と祝福を込めて、
いつもどおりに呼ばせていただきたいと思います。

 

このように一言添えるだけで、
ご臨席の皆様には意図が伝わりますし、新郎新婦も安心されます。
もちろん発表する側としても、
心置きなくいつもどおりの呼び方ができますよね!

 

仲良しの度合いが伝わるニックネーム。
とはいえ、親しき仲にも礼儀あり。

 

配慮の一言を添えてめいっぱいお祝いしましょう(*^^*)

 

 

メールフォームでの無料見積もり

 

代表の西山です。

「友人代表の森」のウェブサイトにご訪問いただき、ありがとうございます。結婚披露宴での友人代表のスピーチで、原稿作成似ご不便をお感じでしたら、いつでもご連絡ください。

私たちがしっかりと作成させていただきます。

運営責任者 西山


例文の一覧

新郎の大学時代の友人の立場

新婦の中学校の同級生。丁寧な手紙形式

新婦の同僚。同期入社の立場

新郎の高校の同級生。サッカー部

新婦と小中高バレー部で一緒

新婦側 できちゃった婚。誕生後

新婦の幼なじみ。手紙形式

新郎の高校の同級生。友情

   

社長さんや上司のスピーチの例文は結婚式スピーチ作成センターの例文ページに掲載しています。

 

また、PTA会長さんの祝辞やその他式典の祝辞の例文は、お祝いサポートセンターの例文ページにに掲載しています。

 

いずれも弊社運営のサイトです。