友人代表のスピーチ原稿作成専門 友人代表の森

1歩の始まり

time 2012/02/28

a0003_ki_0179(1)

 

妹が結婚をしました。

先を越されました。ワーオ。

 

今年26歳だからね、適齢期だと思います。おめでとう。
昨今流行りの年の差カップルではなくて、同級生との結婚。
なんだかんだあったけどよかったね、よかったです。

 

4歳年下の妹。あのちびっ子に先越をされるとは。

 

2年ぐらい前から、ああ、これ、先越されるなと。
構えるようになりまして、ついにです。
先日、ついにのその日がやって来た訳ですが、長いこと、そういう心の準備期間があったので、なんとか悲鳴をあげずに無事本心で祝福することが出来ました。

 

それにしても、意外とあっさりです。

妹とはいえ自分のことじゃないし、まだ家にいるっていうのもあるし、本当に寂しくなるのは実家を出たあとになりそうです。

 

25年間一緒に過ごして、言いたいこと言って相当なケンカもあって、それでも仲よく暮らしてるっていう家族の存在、すごいなと思います。

 

今後、自分の新しい家族が出来たとき、こんな空間を作っていけるのだろうかと不安にもなります。

 

だけど、両親も最初はそうだったはずだし、世の中のみんながやっていることなんですよね。

 

それにしてもこんな日が来るとはね。人ってほんとに大人になるんですね。

 

妹と一緒に過ごせるのもあと1ヵ月になりました。
寂しいけれど、踏み出さないといけない1歩の始まりです。

 

 

 

 

 

 

例文を見てみる

→新婦側 幼馴染の結婚披露宴で発表する祝辞の例文(手紙形式)

 

メールフォームでの無料見積もり

 

代表の西山です。

「友人代表の森」のウェブサイトにご訪問いただき、ありがとうございます。結婚披露宴での友人代表のスピーチで、原稿作成似ご不便をお感じでしたら、いつでもご連絡ください。

私たちがしっかりと作成させていただきます。

運営責任者 西山


例文の一覧

新郎の大学時代の友人の立場

新婦の中学校の同級生。丁寧な手紙形式

新婦の同僚。同期入社の立場

新郎の高校の同級生。サッカー部

新婦と小中高バレー部で一緒

新婦側 できちゃった婚。誕生後

新婦の幼なじみ。手紙形式

新郎の高校の同級生。友情

   

社長さんや上司のスピーチの例文は結婚式スピーチ作成センターの例文ページに掲載しています。

 

また、PTA会長さんの祝辞やその他式典の祝辞の例文は、お祝いサポートセンターの例文ページにに掲載しています。

 

いずれも弊社運営のサイトです。