友人代表スピーチ 例文のブログ

a0002_009346(1)

 

今回作成した案件は、友人代表でありながら、職場の先輩と後輩という立場。

 

この内容、ヒアリングからしてみても、

 

先輩後輩にしては親密の度合いがかなり深い。

 

それもそのはず。

 

お互いに兄弟のように思い合っている、

 

先輩後輩の領域を超えた友人関係なのです。

 

なかなか珍しいですが、お互いを思い合うお気持ちは、とてもあたたかです。

 

営業で大きな成果を上げたんですよ、と語る依頼者様のお声は、

 

弟を自慢する兄そのものでした。

 

 

そういえば、依頼者様の性別に関係なく、友人代表に共通していると言えることは、

 

これからのご友人関係について。

 

男性の依頼者様でも、女性の依頼者様でも、今までと変わらないご関係に加えて

 

「家族ぐるみ」でのお付き合いもしていきたい、という方がとても多いです。

 

そりゃあもちろん、自分たちの子ども同士が仲良くなってくれれば、

 

親としても嬉しいですし、

 

また、友人としても嬉しい。

 

年をとって、おじいちゃん・おばあちゃんになっても

 

子どもや孫同士が仲良く、互いの家を行き来するような、

 

世代を超えた関係というのは、憧れですものね。

 

 

でも一番大事なのは、

 

家族ぐるみで付き合っていきたいと思える相手に出会うことができた、という

 

かけがえのない絆を手にしているということなのだと思います。

 

 

 

 

 

 

例文を見てみる

→新婦側 幼馴染の結婚披露宴で発表する祝辞の例文(手紙形式)

 


ご挨拶


「友人代表の森」のウェブサイトにご訪問いただき、ありがとうございます。結婚披露宴での友人代表のスピーチで、原稿作成似ご不便をお感じでしたら、いつでもご連絡ください。

私たちがしっかりと作成させていただきます。


運営責任者 西山


例文の一覧
新郎の大学時代の友人の立場
新婦の中学校の同級生。丁寧な手紙形式
新婦の同僚。同期入社の立場
新郎の高校の同級生。サッカー部
新婦と小中高バレー部で一緒
新婦側 できちゃった婚。誕生後
新婦の幼なじみ。手紙形式
新郎の高校の同級生。友情


社長さんや上司のスピーチの例文は結婚式スピーチ作成センターの例文ページに掲載しています。


また、PTA会長さんの祝辞やその他式典の祝辞の例文は、お祝いサポートセンターの例文ページにに掲載しています。

 

いずれも弊社運営のサイトです。