結婚式 友人代表 スピーチ 祝辞 作成 友人代表の森
例文

結婚式 スピーチ 披露宴 祝辞の例文

結婚式 披露宴の友人代表 スピーチの作成に対応。
例文のページに実際に作成した 友人代表 スピーチを掲載しています。是非ご覧ください。


代表者

友人代表の森 代表西山です

お電話から納品まで、すべて一貫してご対応させていただきます。西山でございます。
結婚式 披露宴の スピーチの作成でお困りでしたら、お気兼ねなくご連絡ください。


スピーチ原稿作成は後払いです

スピーチ作成についての取材記事↑朝日新聞に弊社のスピーチ作成サービスが、大きく取り上げられました。

読み方


結婚式 友人代表スピーチの例文

「良い内容を作成してくれるかなぁ。心配だなあ」

こういったご不安をお持ちだと思います。
そこで、私たちが実際に作成した例文のほんの一部をご紹介します。
以下のスピーチの例文をご覧いただき、ご依頼の際の参考にしてください。
きっとそのご不安を解消されると思います。


例文1 新郎側 小さい頃から一緒 しっかりした祝辞形式
小さい頃からずっと一緒にいた敦史くんが結婚式を挙げる。大学も同じだった読み手である高橋さんが小さい頃の話や野球の話をして新郎との思い出を語っている文例です。

例文2 新婦側 幼稚園から一緒 丁寧な手紙形式
幼稚園からず〜っと一緒のあかねさんの結婚式。新郎との温かい結婚生活を祈る読み手の優しさが伝わってくる文例。

例文3 新婦側 中学の同級生 丁寧な手紙形式
中学校のときの同級生が結婚。新婦のありのままをわかってほしい、大切にしてほしい、読み手のそんな優しさ、新婦への想いが伝わってくる文例になっています。

例文4 新婦側 同僚として 柔らかい祝辞形式
同僚だからこそ分かること、同じ女性だからこそ分かること、面白いエピソードを交えながら、社会人としてしっかりとした口調で伝えている祝辞です。

例文5 新郎側 高校の同級生 手紙形式
高校のときの同級生が結婚。当時の思い出がなにより印象的で、先生をゲームの敵になぞっているところが興味深い。ゲームの話を比ゆに用いて、新郎・新婦の素晴らしい未来を願っているのが特徴的な内容になっています。

例文6 新婦側 小・中・高とクラブで一緒 手紙形式
新婦への思い、優しい感情、温かい気持ち、このスピーチを読まれた花さんは、きっと涙で目の前が見えなかったのかもしれません。読み手も涙で言葉が進まなかったかもしれません。感動の内容、必見の文例です。

例文7 新婦側 近所のお姉さんの結婚披露宴にて 手紙形式
近所のお姉さんが結婚。小さい頃、かわいがってもらった記憶が走馬灯のように頭の中をめぐり、尊敬の念、感謝の念、そしてお祝いの気持ち、ご近所という特性が出ているたくさんの幸せが詰まった例文です。

例文8 新婦側 高校の同級生のできちゃった婚(誕生後) 手紙形式
高校からの大切な友人が結婚して二年目で式を挙げたときのお祝いの言葉。新婦のことだけでなく、新婦が作ってきた家庭の様子や可愛い子供のことを交えての温かい祝辞になっています。

例文9 新婦側 幼なじみの結婚披露宴にて 手紙形式
保育園からずっと長い間一緒に過ごしてきた、幼なじみの新婦へのお祝いのメッセージ。嬉しいけれど、寂しいような、だけど嬉しい、そんな温かくて想いがつまった祝辞になっています。

例文10 新婦側 高校の部活仲間の結婚披露宴にて 手紙形式
高校で同じクラブで汗を流し、青春をともにしてきた仲間へのお祝いの言葉。その頃に舞い戻ったかのような、熱い気持ちでいっぱいの祝辞になっています。

例文11 新郎側 社会人になってからの友人 新郎35歳 新婦25歳の場合
仕事や結婚についての話、これからの話など、中学や高校から知っている友人関係とはまた違った友人関係を築いてきた。新郎の夢は、奥さんと一緒に店舗を運営すること。今回の結婚でその夢が叶った。大人対応の祝辞です。

例文12 新婦側 シングルマザー同士の心の共有
互いにシングルマザーとして喜びも辛さも共有してきた友人が、大切な人と結婚し、大切な娘とともに新たな家庭を築いていく。一人の母として、そして大切な友人として、喜びの気持ちと激励の想いを言葉に込めた、そんな大人対応の祝辞です。

例文13 新婦側 同期入社の関係
同期の友人への祝辞。新郎と新婦の出会いや、二人の順調ぶりを柔らかく温かい大人の口調でご出席の皆様に披露しています。礼儀、語尾を気をつけた大人対応の祝辞となっています。

例文14 新郎側 会社の同僚 晩婚
会社の同僚の、また同じ課長としての友人代表で述べる祝辞です。晩婚というシチュエーションで、きっちりとした大人対応の祝辞で切磋琢磨し合っている友人を祝っています。

例文15 新郎側 高校の同級生 熱い友情
結婚披露宴という場を借りて、親友・タケに今までの思い出を振り返りながら、思いのたけを伝える。男の友情、男同士の夢を熱く語っている、そんな祝辞になっています。

例文16 結婚式の二次会での友人代表スピーチ
20年間連れ添ってきた友人への手紙。二次会で発表するのもなので堅苦しくなく、そのままの気持ちを伝えています。

例文17 新郎側 高校時代の同級生 野球部で一緒
高校時代同じ野球部だった新郎のことを来賓の皆様に紹介する内容です。友人しか知らない新郎を温かく紹介し、祝福の気持ちを述べています。

例文18 大学時代からずっと一緒にいる友人
大学時代、サークルも同じでずっと一緒にいた友人が結婚。大切な友人の笑顔いっぱいの未来を願っています。

例文19 ずっと見守ってきた二人の結婚
サークルで知り合った仲のいい友達と先輩が結婚。二人をずっと見守ってきた読み手が、二人の結婚を自分のことのように喜んでいます。

例文20 結婚式後、転勤で遠くに行く新婦
新郎(旦那さん)の仕事の関係で遠くに転勤するというのは、よく耳にしますね。もちろん寂しさもあるかもしれませんが、やっぱり友達の新生活を応援してあげたいというのが一番です。

例文21 新郎の一番の理解者が発表するスピーチ
人生の中で、自分のことを理解してくれる友人は、1人はいます。今回は、新郎の一番の理解者が発表した内容です。

例文22 美容師になる夢を追いかけて 友人(新婦)の結婚
美容師になる夢をずっと大切に持っていた新婦。長年の夢をかなえ、そして今回の結婚。幸せいっぱいの友人に贈るお祝いの言葉です。

例文23 自分の辛い時期を支えてくれた友人(新郎)への思い
やんちゃしてたとき、辛いことがあったとき、いつも近くにその友人がいて、励ましてくれました。男同士だからこそ感じることのできる友情。「おめでとう」そして「ありがとう」を伝える例文です。

例文24 一度は夢を断念した僕に、希望をくれた友人(新郎)の結婚
耳の病気で音楽の道が閉ざされてしまった発表者。色紙に書かれた友人の言葉がのちに発表者の助けになった。二人はまるで運命共同体。温かな例文です。

例文25 昔はやんちゃに、今は真面目に一緒に過ごしている友人へ
昔はやんちゃで、一緒に悪さをして人様に迷惑を掛けたこともあったけど、今じゃお互い真面目にしっかり仕事をして、生活をしています。当時の話を肴に酒を飲みつつ、今を生きる発表者と友人。たくさんの心の景色を一緒に見た者同士だからこそのスピーチです。

例文26 ずっと離れて暮らしていた新婦と、久しぶりに会う結婚式
父親の仕事の関係で、中学の時に海外に引っ越した発表者。新婦と会うのは実に10年ぶり。お祝いすることもそうですが、そもそも会うこと自体すごく久しぶりで、話すことがたくさんありそうです。

例文27 大好きな親友(新婦)へ。ユーモアも交えつつ
とても仲のいい発表者と新婦。仲がいいからこそ、結婚相手(つまり新郎)に「彼女のことを幸せにしてほしい」と強く思うものです。そんな気持ちをユーモアを交えつつ作成した例文です。

例文28 友人主催の結婚披露宴パーティで述べる新郎の謝辞
友達だけでの披露宴パーティで述べる新郎の謝辞。友達だけなので軽いタッチで、でも披露宴で述べるので、しっかりとした内容です。

例文29 ゼミの同期(新郎)への友人代表スピーチ例文 卒業課題に取り組んだ
ゼミで卒業課題に一緒に取り組んだ発表者と新郎。くじけそうになったとき、新郎のちょっときびし目の言葉に助けられた。もちろん、大学時代の思い出もたくさん共有してきた。そして、今は同じSEとして活躍している。

例文30 気心の知れた新郎と新婦の結婚式に贈るスピーチ
新入社員研究を機に知り合った新郎と発表者。新婦も交えた友情の三角形のなかにあたたかい思いがともる、ちょっとユーモアな祝辞です。

例文31 飲んで語り合える友人(新郎)へのスピーチ例文。仕事は同業で切磋琢磨。
飲んで語り合ってみたり、結婚を羨ましく思ってみたり、仕事は同業なので切磋琢磨する。仲がいいから、どんな気持ちでも分け合える、そんな友人代表のスピーチです。

例文32 野球部のマネージャー(新婦)への結婚式スピーチ例文。
マネージャー仲間である新婦とその時の野球部員(新郎)が結婚する。
高校のときからよく知っているみなみとたっちゃん(タッチ)のような2人です。
今だからこそ話せる野球の思い出や2人に対して思いを述べるマネージャーならではの祝辞です。

カップルのように仲の良い友人(新婦)へのスピーチ
小学生のときからずっと一緒にいた友人(新婦)の結婚式で発表するスピーチ。カップルに間違えられるほど仲の良い2人は一心同体です。今までと変わらない付き合いをしていこうという気持ちが込められています。

“成長”に気付ける場、結婚式で贈る友人代表のスピーチ
小学生の頃から仲良しだった友人の結婚式で、懐かしい思い出を振り返る依頼者様。
改めてお互いの成長を感じつつも、これからも続く変わらない友人関係を思う、そんなスピーチです。

これからもずっと変わらない、男の熱い友情スピーチ
ふるさとである外国へは帰らず、親と離れ一人日本の地元に戻ってきた大親友。
結婚式という晴れの門出に、今まで照れくさくて言えなかった言葉を伝えます。
祝福という名を借りた男の友情のスピーチです。

新郎新婦は先輩と友人。2人のことをよく知った立場からのスピーチ。
高校時代、共にマネージャーをしていた友人と部活の先輩が20年ぶりの再会でまさかのスピード婚。新婦は当時、別の先輩が好きだったので、この話を聞いた時は過去一の驚きぶり。いまだに信じられていない友人からのスピーチです。


Copyright(C) 2008, 友人代表の森.All Rights Reserved.